2023年3月1日より、「夕方食べて、あしたも元気!」をコンセプトとしたトマト、ゆうがたベーネを販売いたします。

当社が独自開発したトマト品種「スウィーティア」が、一般のトマトに比べ、機能性関与成分GABAを非常に多く含むことがわかりました。本製品に含まれる成分GABAは、ストレス抑制、睡眠の質改善などの機能が報告されています。睡眠に課題を抱える方が多い現代社会において、日常的な食事で睡眠の質を高めていただきたい。そんな思いから、高知大学ご指導のもと、スウィーティアの新ブランド『ゆうがたベーネ』を立ち上げました。

プレスリリースはこちら(PDF:648KB)

「井上通信No.7」2023年2月号発行

今月号では購買グループとシステムグループについて特集しています。購買グループでは、当社の製品を作るための資材や原料の調達を担っています。システムグループでは、社内のDX化を推進し、業務効率化や生産性向上に取り組んでいます。日々の業務で心掛けていることについてお話しいただきました。

今月号で井上通信が1周年を迎えました。2周年やその先に向けてどんどん進化していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

次号は4月17日(月)発行予定です。お楽しみに。

【詳しくは下記のPDFファイルをご覧ください。】

井上通信2023年2月号

令和5年2月8日(水)~2月14日(火)の期間、高知大丸様にて「農とアートのバレンタイン」を開催しています。当社の関連会社である、井上ワイナリー株式会社と共催で実施しており、高知県産ワインやトマトはもちろん、新製品のワインを使用したショコラや乙女の涙を使用したジャムなどバレンタインにぴったりな商品を販売しております。ぜひ、お立ち寄りください。

※イベントについての詳細はこちら

 

 

 

 

令和5年2月3日(金)、高知県立山田高等学校のご依頼で、1年生38名の企業訪問を受け入れました。当日は、社員によるプレゼンテーションや井上社長からのお話しなど、会社の紹介だけでなく進路についてのお話をさせていただきました。生徒の皆様は、長時間の座学にも関わらず熱心に話を聞いてくれました。将来を担う高校生へメッセージを伝える機会を頂きまして、誠にありがとうございました。

 

 

「井上通信No.6」2022年12月号発行

今月号では経営企画室と仁井田プラントについて特集しています。経営企画室では、会社の経営に関わる業務に携わっています。仁井田プラントは、主にゴム用添加剤や食品添加物などの生産を実際に行っている部署です。日々の業務で心掛けていることについてお話しいただきました。

今回も内容盛りだくさんでお届けしております。ぜひご覧ください。

次号は2月15日(水)発行予定です。お楽しみに。

【詳しくは下記のPDFファイルをご覧ください。】

井上通信2022年12月号

下記日程において、電力会社の作業のため山北事業所が停電になります。通常通り営業しておりますが、その間電話およびFAXが通じなくなる可能性がございます。

皆様にご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解くださいますようお願いいたします。

 

実施日:2022年12月15日(木)

時 間:午後13時10分~16時 

    •  

 

 

 

令和4年11月26日(土)、高知市鏡の横矢地区にある「井上石灰130周年の森」で協働の森交流会を開催しました。今年は、各事業所と社員の家族合わせて28名が参加しました。平成24年3月に高知県と「環境先進企業との協働の森づくり事業」のパートナーズ協定締結以降、今年で10周年を迎えました。交流会では、社員と社員の家族が間伐体験とレクリエーションを通じて、環境問題への理解を深めるきっかけとしています。 今年はあいにくの雨模様で間伐体験が実施できなかったものの、間伐材を使用した木工キットで作品を作成した後、地元の食材を用いたお弁当を食べ、久しぶりの交流会を楽しみました。CO₂削減をより意識するとともに親交を深めることが出来ました。

※協働の森事業についてはこちら

〇集合写真〇交流会の様子

 

 

 

令和4年11月18日(金)、南国市役所にて、当社社長の井上と土佐の匠に認定された西川が受賞報告のために南国市長へ表敬訪問を致しました。

※「土佐の匠」とは、高知県内産業の基盤を支え、その振興に貢献している熟練技能や、古くから受け継がれてきた伝統技能の優れた継承者を「土佐の匠」として高知県が認定するものです。